グーグルグローバルタグ バリューコマ アドセンス

写真販売のオススメサイト6選

写真販売

誰もが一度はやったことがある行為「写真撮影」には、実は大きな可能性を秘めています。

何気ない1枚が大きな価値を生む可能性があり、誰にもチャンスがあるのが写真販売です。

今回は、写真販売の副業について紹介します。

無理することなくローリスクで行えるため取り組んでみる価値が大きい副業です。

目次

写真販売とは

デジタルカメラなどの高性能な機器により撮影された写真は、視覚的情報発信を要するメディアでは、なくてはならないツールであり、高精細な写真独自性の高い写真へのニーズが高まっています。

一定の基準に合格したものが購入されるケースが多くあります。

手軽に始められるメリットがある一方で、競合者も多く、成果に繋がりにくい特徴があります。

写真販売で稼ぐメリット・デメリット

写真販売 メリットデメリット

写真販売で稼ぐメリット

日常のワンシーンが大きな可能性に

最大の魅力は日常のとあるワンシーンが大きな可能性に繋がることです。

そのためには、ニーズやトレンドを把握することも重要となりますが、写真を撮る習慣がある方にとっては魅力の大きい副業と言えます。

本業の傍ら取り組みやすい

本業の出張などの機会を有効に活用することができるため、本業の傍ら取り組みやすい副業と言えます。

全国を飛び回ることが多い方にとって可能性が広がります。

売れる写真の特徴として、各地の名所や季節の変化、特産品などが上位となるケースが多くあります。

写真を登録し販売するにあたってほとんどコストを変えずに放りっぱなしにできる点も嬉しいところです。

人気次第では大きく稼げる

写真が売れた分が稼ぎとなる仕組みである場合が大半であり、ニーズやトレンドに即した独自性のある写真をコンスタントに登録し販売することができれば、大きく稼ぐことが期待できます。

人気次第では、1ヶ月あたり数十万から数百万円稼ぐことができる夢のある副業でもあります。

写真販売で稼ぐデメリット

競合者が多い点が最大のデメリットとして挙げられます。

プロのカメラマンやインフルエンサーとの戦いとなることは留意する必要があります。

写真販売で稼ぐ方法

写真販売稼ぐ

写真を売る方法

写真を売る方法は簡単で、写真サイトへの登録し、写真を登録するだけです。

利用規約を確認した上で、サイトによっては簡単なテストがある場合があります。

写真登録の最低限の留意事項として以下の点に注意することが重要です。

  • サイズ指定を守る
  • テーマ性や使い道を明確にする
  • 著作権物が写っていないこと

売れるジャンルを選ぶ

どれほどクオリティが高いものであっても、売り手が存在しなければ価値になりません。

売れるジャンルの目安として、社会的に注目されているものや、女子高生に流行っているものなどが挙げられますが、競合者が多いのも特徴です。

流行りやトレンドを整理した上で、計画的に写真を登録することが重要です。

自身が得意としてるジャンルを踏まえた上で、どのターゲットにアプローチするのか考えることはビジネスを行う上で、必要不可欠であり売れる大前提と言えます。

オススメの写真販売サイト6選

写真販売サイト

ピクスタ

ピクスタ

ピクスタは小屋内最大手のフォトサービスを誇り画像では5000万枚程度とされます。

海外サイトでは物足りない日本人の姿や日本文化、和食など多岐に渡る画像を手に入れることができます。

登録審査が厳しいですが、ランクによって報酬価格が決まり、販売価格(1枚540円~)の22%~58%を受け取ることができます。

フォトライブラリー

フォトライブラリー

フォトライブラリーはピクスタに次ぐ国内での規模を誇ります。

自身で写真の単価を設定できることに加えて、最低40%以上の報酬率である点が最大の特徴です。

アイストックフォト

アイストックフォト

アイストックフォトは、カナダのサイトで8000万点以上の素材が提供されています。

登録審査、時間が短く始めやすい点が最大の特徴です。

ペイレスイメージズ

ペイレスイメージズ

ペイレスイメージズは、東京都に本社を置く企業で、販売登録数やダウンロード点数によってランクが変動する仕組みになっています。

クオリティテストが必要となりますが、専属クリエーターになることによってさらに報酬率を高めることがで、本格的に取り組んでいきたい方にピッタリです。

ペイレスイメージズ 単価

スナップマート

スナップマート

スナップマートは、スマホなどで撮った写真素材をユーザーから直接購入できるサービスを展開しています。

SNSの普及により日常的な味わいのある写真を用いてマーケティングに活かそうとするニーズが高まっており、スナップマートのスマホを中心とした写真素材が有効になりやすく、需要が高まっていると言えます。

独自のフォトコンテストイベントなどが開催されており、楽しみながら取り組める特徴があります。

シャッターストック

シャッターストック

シャッターストックはアメリカに本社を置き、1億を超える素材を誇り、世界的にも有名な企業です。

報酬率は20〜30%程度と若干少ない半面で、世界的な知名度を誇り、想定外のビジネスの展開も期待できます。

まとめ

自身の腕次第では大きな可能性を秘めている写真販売ですが、競合者も多いことには留意する必要があります。

スナップマートのようにスマホから気軽に取り組めるものがあり、まずスマホから取り組んでみることが良いと思います。

写真自体は、ほとんどローリスクであるため、一歩踏み出してみてあまり期待することなく、取り組んでみるのが良いでしょう。