グーグルグローバルタグ バリューコマ アドセンス

ウーバーイーツは稼げる?料金体系は?

2020年3月17日

ウーバーイーツ

新型コロナウイルスの影響で、外出が控える中で需要が大きく伸びている一つに「ウーバーイーツ」があります。1品から手軽に注文できるスタイルは徐々に浸透しつつあります。なんとなくイメージはつきますが、お金の流れやメリット、デメリットは知られていない点も多く存在するため、今回取り上げていこうと思います。

目次

ウーバーイーツとは

ウーバーイーツとは料理のデリバリーサービスの一つで、販売者(レストランなど)と発送者をアプリで結びつけたサービスで、日本では2016年に東京で開始されています。

現在は、東京・横浜などの都心や、大阪・京都・神戸などの関西圏、名古屋などの中部圏、福岡などの北九州地域で展開されています。

日を追うごとに連携企業が拡大しています。

ウーバーイーツの料金体系

稼ぐ

報酬= 基本料金 (受け取り料金+受け渡し料金+距離料金)× ブースト + 特別キャンペーン – サービス手数料(%)となります。

ブーストとは、日時や曜日、場所によって調整される倍率で定期的に更新されます。

サービス手数料は、5〜10%と地域によって異なりますが、東京では10%、大阪、名古屋では5%となっています。

基本的に、お住いの地域によって左右されるものが多いため、原則自身で報酬を高める方法としては、基本料金に関わる受け取り受け渡し回数を増やす配達距離を伸ばすことになります。

時給については、本人の裁量に大きく左右されるため明確ではありませんが、おおよそ1000〜1300円程度を想定しておく必要があります。

ウーバーイーツによる副業のメリット・デメリット

ウーバーイーツ 天候

ウーバーイーツのメリット

配達時間・場所を自由に選べる

最大のメリットが配達時間・場所を自由に選べる点にあります。

隙間時間や夜間帯を有効活用できる上に、自転車などによる運動にも繋がります。

週単位で報酬を受け取れる

週単位で報酬を受け取ることができるため、家系の状況に応じてシフトを調整し対応することが可能です。

ウーバーイーツのデメリット

交通費は支給されない

都合の良い場所に配達することを前提としたサービスであり、交通費は支給されません。

したがって効率よく配達するためには自転車が必須と言えます。

交通事故は自己責任

配達中の事故に関しては対人賠償・対物賠償保険(上限 1 億円)の他、2019年10月より傷害補償制度も追加され、事前申し込みや、追加料金の支払いは必要なく、配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間に生じた事故に対して適用されますが、それ以外の交通事故は自己責任になるため、大きなリスクが伴う場合があります。

天候に左右される

配達するにあたって天候に左右される場合が多くあり、想定以上に仕事をこなせないリスクが伴います。

一方で天候や季節性による特需が発生する場合もあります。

まとめ

ウーバーイーツの最大の利点は配達時間や場所を自由に選べる点にある一方で、大きな報酬を得ることは難しいことから、隙間時間を有効に活用、健康な体作り、様々な土地を回るなどのプラスアルファの価値を見出した上で取り組むことが重要と言えます。

やり方次第ではポスティングや写真販売などの他の副業とのシナジーが期待できるため、複合して取り組むことがオススメです。